24日午前3時ごろ、兵庫県神戸市中央区内の神戸港で、岸壁を走行していた乗用車が海に転落する事故が起きた。クルマには男女4人が乗っていたが、このうち男女3人が死亡。男性1人は自力で車外に脱出している。

兵庫県警・神戸水上署によると、現場は神戸市中央区新港町付近の新港第2突堤。クルマは海に向かって走り、右へ急ハンドルを切った直後に海へ転落したとみられる。

クルマは完全に水没。消防のレスキュー隊が救出活動を行ったが、24歳と25歳の男性、21歳の女性が死亡。24歳の男性は自力で車外に脱出し、指などに軽傷を負っている。

自力で脱出した男性は助手席に同乗していたとみられ、調べに対しては「24歳の男性が運転していた」、「借りたクルマでドリフトの練習をしていた」などと説明しているようだ。この男性の遺体からは大麻とよく似た成分が検出しており、警察では違法薬物摂取の可能性も考えられるとして、事故発生の経緯を詳しく調べている。