プジョー・208《撮影 内田俊一》

11月1日より発売が開始される、プジョー『208』のフロントマスクは、ブジョーブランドの新たなアイデンティティを表現したものだという。

そう話すのは、プジョー・デザインマネージャーのピエール・オーティエ氏。「そのユニークなマスクは、小型化されスポーティなデザインとなりました。また、あたかも宙に浮いているように見えるフローティンググリルは軽快さを表現しているのです」。そして、「LEDポジションランプ付きのコンパクトなヘッドランプがフロントのデザインを引き立てています。同様にリアランプに特徴を持たせLEDとライトガイドを組み合わせた3つの光のラインから構成させています」と述べる。

オーティエ氏は208をデザインするにあたり、細部にまで注意を払ったと話す。「(フロントグリルにある)金属プレートに刻んだブランドネームなどがその例です。また、プジョーロゴの上にライオンをデザインし、そのエンブレムを囲む新しいラインは、ハイマウントストップランプにまで続き、クルマの背骨のような印象を与えます」。そして、「リアランプはハッチバック部分とサイドパネルを視覚的につなげ、これにより、コンパクトでありながら、力強い印象を与え、シャープで筋肉質なボディデザインに仕上がりました」

プジョー・デザインディレクターのジル・ヴィダル氏は、「デリケートでありながら、スマートなバランス。それこそ私が、この208で気に入っている部分なのです」と語った。

プジョー・208《撮影 内田俊一》 プジョー・208《撮影 内田俊一》 プジョー・208《撮影 内田千鶴子》 プジョー・208《撮影 内田千鶴子》 プジョー・208《撮影 内田俊一》 プジョー・208《撮影 内田千鶴子》 プジョー・208《撮影 内田千鶴子》 プジョー・208《撮影 内田俊一》 プジョー・208《撮影 内田千鶴子》 プジョー・208《撮影 内田千鶴子》 プジョー・208《撮影 内田千鶴子》