プジョー・208《撮影 内田千鶴子》

プジョー・シトロエン・ジャポンから11月1日より発売が開始される『208』は、“RE・GENERATION”をコンセプトに開発された。

プジョー・デザインディレクターのジル・ヴィダル氏は、このワードについて、「(デザイン面からは)スタイルを通じてそのクルマの価値を伝える能力を意味します」と述べる。「208には、とても軽やかで流れるようなラインでありながら、フレッシュな色や素材を使い、表現力あふれるラインが採用されました。インテリアもドライビングの楽しさを味わえるよう、シンプルかつ洗練されていて、人間工学的に最高水準のレベルを達成しているのです」

そして、“LET YOUR BODY DRIVE”、これは208のスローガンだとヴィダル氏。「この言葉はこのニューモデルのすべてに共通した言語です。ドライバーがその楽しいドライビング体験を通して、208と共存していくこと。そして、プジョーがクルマとドライバーの間で、ともに創り上げてもらいたいと願うフィジカルな関係。このようなドライビング体験こそが、我々がスローガンで表現したいと考えていることです」という。

さらに、「普遍的でフレンドリーな魅力を持つ208は、ポピュラーな存在であると同時に、プレミアムなモデルとなるでしょう。様々なキャラクターを持ち合わせ、デリケートな面とカリスマ性という絶妙なバランスこそが我々がこだわってきた、このモデルにおけるデザイン上の大切なポイントなのです。208というこの新たなクルマを通して、我々はドライビングそのものを最高レベルで体現したいのです」と話す。

最後にヴィダル氏は、「208で気に入っているのは、ディテールにまで細やかな神経が行き届いている点です。その魅力は国境や文化の違いを超え、どのような人にとっても、極めて親しみやすいデザインと感じてもらえるでしょう」と語った。

プジョー・208《撮影 内田千鶴子》 プジョー・208《撮影 内田俊一》 プジョー・208《撮影 内田千鶴子》 プジョー・208《撮影 内田千鶴子》 プジョー・208《撮影 内田俊一》