東京海上日動火災保険が1月に販売を開始した必要な日数分だけ加入できる自動車保険『ちょいのり保険(1日自動車保険)』の累計利用日数が20万日を突破した。

ちょいのり保険は1日あたり500円または1000円の保険料で、必要な時に必要な日数だけ携帯電話で加入できる仕組みで、9月17日に累計利用日数が20万件を超えたという。9月24日現在では、さらに利用日数が20万8267日(申込件数13万9832件)に達している。

東京海上日動によると、スマートフォンでの販売を開始した3月以降、急速に利用が拡大し、春休みやゴールデンウィーク、夏休みなど行楽シーズンの利用が多かったとしている。

利用者の86%が10〜20代で、その大半が22歳以下の大学生という。利用日は週末や行楽シーズンに集中しており、運転日当日に加入手続きをする人が73%に達しているのも特徴。