テスラ・モデルS

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズ。同社が2012年通期の売上見通しを、下方修正したことが分かった。

これは9月25日、テスラモーターズが米国証券取引委員会に提出した資料から明らかになったもの。資料によると、テスラモーターズの2012年売上見通しは、当初予想の最大6億ドル(約466億円)から、最大4億4000万ドル(約342億円)に下方修正されている。

売上見通しが下方修正された大きな理由が、新型EVの『モデルS』の生産が遅れていること。モデルSは6月22日、米国での一般向け納車を開始したが、それから2か月を経た8月21日、同車の累計生産台数がようやく100台に到達したばかり。

モデルSは、フリーモント工場で入念にクオリティを確認しながら、組み立てを実施。それでも1週間当たりの組み立て台数は、生産開始当初の3台から5台へ、そして10台へと徐々に拡大していた。同社は今後、モデルSの1週間当たりの生産台数を20台以上へ倍増させる計画だが、バックオーダーを解消するには至っていない。

テスラモーターズは、「モデルSの生産は当初見込みよりも遅れている。今後、生産台数を増やしていきたい」と説明している。

テスラ・モデルS テスラ・モデルS テスラ・モデルS テスラ・モデルS