パイオニアは、10月2日〜6日に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2012」に出展すると発表した。

今回「街でも家でも車でも、笑顔と夢中が響き合う」をテーマに、技術や製品を提案する。

今年秋に発表する新製品を始め、AR(拡張現実)情報をフロントガラスの前方に映し出すAR HUD(ヘッドアップディスプレイ)搭載の「サイバーナビ」や、車でのスマートフォンの新しい楽しみ方を提案する「アプリユニット」などを展示、来場者に新しいカーライフを体感してもらう。

また、明るさや色を変えられる「有機EL照明」や、充電ケーブルやプラグを使わずに駐車するだけで電気自動車の充電ができるコンパクトサイズの「非接触充電システム」、家族・友人・地域間のコミュニケーションを促進する情報ツール「コミュニケーションテーブル」など、将来技術を参考出品する。

自転車の乗車技術や能力向上を目指しているアスリート向けの高機能「サイクルコンピューター」と、効率的なペダリングを実現するための「ペダリングモニタセンサー」も参考出品する。