コスモ石油千葉製油所アスファルト漏洩事故

コスモ石油は、2013年3月期の中間期連結決算業績見通しを下方修正した。

売上高は1兆4600億円と、前回予想より1600億円マイナスを予想。営業損益は同500億円マイナスで220億円の赤字、経常損益は同520億円マイナスで260億円の赤字。中間期純損益は同880億円マイナスで810億円の赤字になるとした。

下方修正の主な要因は、石油事業において、千葉製油所の不稼働期間の長期化に伴い代替供給コストが増加したこと、期中において原油価格が一時的に下落したため、たな卸資産の総平均法による在庫評価の影響がマイナスとなったこと、足元の状況を鑑み、保守的に繰延税金資産の取崩しを行なったことなど。

通期業績予想は、千葉製油所の稼働計画ならびに原油価格及び為替相場等の変動要因を踏まえ現在精査中で、11月1日に予定している中間決算発表時に公表するとしている。

コスモ石油千葉製油所アスファルト漏洩事故