スバル インプレッサ XV≪撮影 小松哲也≫

富士重工業が9月25日発表した『インプレッサ XV』の商品企画責任者を務める竹内明英プロダクトゼネラルマネージャーは、日産自動車『デュアリス』などの競合車との違いとして「スタイリッシュ」なデザインを上げている。

竹内氏は同日都内で開いたインプレッサ XV発表会後、一部報道陣に対し「『デュアリス』や日産『ジューク』、マツダ『CX-5』あたりは、コンパクトなSUVクラスの比較対象として当然、お客様は考えるだろうし、我々もライバルと思っている」と述べた。

こうした競合車との違いについて「XVのデザインはポップというよりもスタイリッシュ、もう少しノーブルなところがある。気兼ねなくどこへでも乗っていけるような、安心感に裏付けられたスタイリッシュさみたいなところが、お客さんに評価頂ければという考え方でいる」と述べた。

またコンパクトSUVの市場性に関しては「SUV自体は安定したお客さんの層を見込める。その一方で今、世の中は、ダウンサイジング、低燃費の方向にある。それでもSUVの魅力は欲しいというお客さんに我々も商品を投入し、ライバルメーカーも含めて、その流れができてきている。世界中でダウンサイジング、カジュアルのトレンドに動いてる傾向があるので、我々もまさにそれに乗ろうということ」と語った。

インプレッサ XVは10月5日に発売。価格は219万4500〜246万7500円で、月1000台の販売を計画している。

スバル インプレッサ XV≪撮影 小松哲也≫ スバル インプレッサ XV≪撮影 小松哲也≫ 竹内明英プロダクトゼネラルマネージャー≪撮影 小松哲也≫