スバル・インプレッサXV《撮影 内田俊一》

富士重工業(スバル)が9月25日に発表した『インプレッサXV』は、スバルのブランド目標である“安心と楽しさ”を具現化したモデルだという。

「コンセプトは“Urban Adventure”。スポーティでアクティブなライフスタイルに似合う、今までにない新しいタイプの商品です」とは同社執行役員スバル国内営業本部長の飯田正巳氏。「国内販売を預かる身としては、エコカー補助金が先週末で終了し、その反動が予想されるまさにこの時期に、スバルのブランド目標である“安心と楽しさ”をこれほどまでに具現化した新商品を、ラインナップに加える喜びとともに、拡販への大きな期待を抱いています」と心境を述べる。

そして、「スバルが従来得意としているシンメトリカルAWDシステムの進化に加え、新世代ボクサーエンジン、そして進化したアイサイトを搭載することにより、スバルの先進技術をすべて盛り込んだ、今までにない全く新しいクロスオーバーSUVとなりました」という。

インプレッサXVのコミュニケーションコンセプトは、「A NEW TYPEです。いままでにない新しいカテゴリーのクルマとして、都市型のスポーティなライフスタイルを持つユーザーが、アクティブギアとして活用しワクワクするようなLIFE IS CARを送ってもらえれば大変うれしいです」と話す。

更に飯田氏は、「このインプレッサXV、そして、『レガシィアウトバック』、更にもうひとつの新型車を加えスバルが提案するニュータイプのSUVを“スバル新体感SUVシリーズ”として、全面的に訴求をしていきたいと思っています」とし、「スバルが提供する安心と楽しさ、特に楽しさは走りだけでなく、こういったSUVのカジュアルでアクティブなライフスタイルを応援するクルマも、スバルの得意とする分野であることから、スバルの先進技術を満載した“スバル新体感SUVシリーズ”により、ユーザーの生活がより安心で楽しいものになることを願っています」と語った。

富士樹工業執行役員スバル国内営業本部長の飯田正巳氏《撮影 内田俊一》 スバル・インプレッサXV《撮影 内田俊一》 スバル・インプレッサXV《撮影 内田俊一》 スバル・インプレッサXV《撮影 内田俊一》 スバル・インプレッサXV《撮影 内田俊一》