東海ゴム工業は、ベトナム・ハーナム省に二輪車用樹脂ホースの製造・販売子会社「トーカイ ラバー ホース ベトナム(TRHV)」を設立し、2013年1月に生産を開始すると発表した。

ベトナムでは、経済成長を背景に二輪車の普及が進んでおり、東南アジアでインドネシアに続く第2位の二輪車市場となっている。同社では、ベトナムで増産を進める日系二輪車メーカーに対応するため、同国での現地生産を行う。

同社では、TRHVの新工場を2013年度下半期に完成させる計画だが、早い段階で製品納入を行うため、新工場完成までの間は住友電気工業グループの現地法人の工場を借りて生産を行う。

同社グループは、2015年度を最終年度とする中期経営計画「2015年 TRI GROUP VISION」で、成長市場であるアジア地域での市場獲得を重要な経営戦略に位置づけている。東南アジアでは、タイとインドネシアに自動車用品などの生産拠点を置いているが、今回新たにベトナムに進出することで、成長市場での事業基盤の強化を図る。

新会社の資本金は約2億2000万円。2018年度に約7億円の売上を目指す。