ITカーズ、「ガソリン混合水素エンジン」自動車へのコンバージョンキットを発表

ITカーズは9月25日、世界初となる「ガソリン混合水素エンジン」自動車へのコンバージョン(機能変換)キットを発表し、車検をクリアした搭載車を公開した。

ガソリン混合水素エンジンへのコンバージョンキットは、東京都市大学(旧・武蔵工業大学)総合研究所水素エネルギー研究センター・山根公高准教授の助言をもとにITカーズが開発。現状のガソリン車にコンバージョンキットを組み込むことで、環境に負荷のない水素による走行が可能となる。

今回の発表について、山根博士は「内燃機関を利用した水素エンジンは、今までの熟成した技術を利用し、低コストで、大きな技術的問題を抱えることなく生産できる唯一の方法であることを実証できた」と語っている。

また、コンバージョンキットの開発に中心的役割を果したITカーズ技術部長の今井作一郎氏は、「2009年より山根博士の助言を受け試作に取り組んだ。技術的に一番難しいコンパクトな軽自動車を開発車に選んだ。これに成功すれば、すべての車種への組み込みは容易になる」と述べている。

この水素エンジン自動車では、ガソリン単独と水素とガソリン混合モードでの走行でき、モード切り替えは最適化プログラムにより自動的に行われ、パワーとレスポンスの低下を防ぎ、段付きのない燃料の入替えを可能とするなどの特長をもつ。

ITカーズ、「ガソリン混合水素エンジン」自動車へのコンバージョンキットを発表