トヨタ環境技術開発説明会 内山田竹志副会長 

トヨタ自動車は9月24日、環境技術開発の発表会を行った。その席上、内山田竹志副会長は「ディーゼルエンジンについても、うちは世界トップレベル」と胸を張った。

同社のディーゼルエンジンについては、「力を入れていない」「撤退するのではないか」という声がよく上がっていた。というのも、この分野でいすゞ自動車と提携したり、最近ではBMWとも提携し、供給を受けることになったからだ。

内山田副会長はこういった声を打ち消す意味を込めて、さらにこう付け加える。「世界で初めて電子制御式燃料噴射システムを開発したし、また、世界で初めてDPNR付クリーンディーゼルも開発している。生産台数にしても、2008年に累計で2000万基を達成し、平均で年間100万基以上のディーゼルエンジンを生産している。生産レベルについても世界トップレベルである」

決してディーゼルエンジンに手を抜いているというわけではない、というのだ。今回の発表会では、新開発の商用車用3.0Lディーゼルエンジンと乗用車用1.4Lディーゼルエンジンを披露した。今後もさらに磨きをかけ、2015年には最大熱効率を現在の約42%から45%を目指すという。

トヨタ環境技術開発説明会 商用車用3.0Lディーゼルエンジン  トヨタ環境技術説明会 乗用車用1.4Lディーゼルエンジン