アキュラ TL(参考画像)

ホンダが北米や中国で展開している高級車ブランド、アキュラ。そのアキュラが、全ラインナップの刷新を計画していることが判明した。

これは9月21日、東京本社で記者会見したホンダの伊東孝紳社長が明らかにしたもの。伊東社長は、「今後3年間でアキュラの全モデルを一新する」と宣言したのだ。

現在、アキュラの米国でのラインナップは、セダン系が『RL』(日本名:ホンダ『レジェンド』)、『TL』、『TSX』、『ILX』。このうちILXは、ホンダ『シビック』のアキュラ版として、米国市場に投入されたばかり。そのため、伊東社長の言う「一新計画」には含まれないと推測される。

しかし、RLの後継車の『RLX』は、11月のロサンゼルスモーターショーでのデビューが確定。TLとTSXに関しても、北米向けの新型『アコード』をベースに生まれ変わると予想される。

さらに2015年までに、アキュラの頂点に立つスーパーカー、『NSX』がハイブリッドで復活することも決定済み。今後3年間が、アキュラにとってはブランドの大きなターニングポイントとなりそうだ。