【アウディ A6ハイブリッド 発表】23年前のコンセプトカーからスタートしたハイブリッド

アウディジャパンから9月24日、『A6ハイブリッド』が発表、同日より発売を開始した。

同社代表取締役社長の大喜多寛氏によると、アウディはハイブリッドの研究を以前から行っていたという。「初めてアウディがハイブリッドを出したのは、1989年、ショーモデルとして発表したアウディ『duo1』というモデルでした」と話す。このモデルは、3代目『100アバント』をベースとしたモデルであった。

次いで、「1992年にアウディ『duo2』というクルマを実際に市販しました。ただし、これはリースという形で政府や官公庁をメインに販売したのです。それ以降、『duo3』というクルマも開発をしましたが、いずれも実際には多くの台数を販売したわけではありませんでした」と述べる。

そこで、社会情勢や、市場動向、また、ユーザーニーズの変化から「アウディもハイブリッドを一般の方々にも乗ってもらおうと、昨年『Q5ハイブリッド』をローンチしました。日本には導入の順番が変わり、A6ハイブリッドから発売を開始します。Q5ハイブリッドはマイナーチェンジモデルを来年導入予定です」と語った。

【アウディ A6ハイブリッド 発表】23年前のコンセプトカーからスタートしたハイブリッド 【アウディ A6ハイブリッド 発表】23年前のコンセプトカーからスタートしたハイブリッド 【アウディ A6ハイブリッド 発表】23年前のコンセプトカーからスタートしたハイブリッド 【アウディ A6ハイブリッド 発表】23年前のコンセプトカーからスタートしたハイブリッド 【アウディ A6ハイブリッド 発表】23年前のコンセプトカーからスタートしたハイブリッド 【アウディ A6ハイブリッド 発表】23年前のコンセプトカーからスタートしたハイブリッド 【アウディ A6ハイブリッド 発表】23年前のコンセプトカーからスタートしたハイブリッド 【アウディ A6ハイブリッド 発表】23年前のコンセプトカーからスタートしたハイブリッド 【アウディ A6ハイブリッド 発表】23年前のコンセプトカーからスタートしたハイブリッド アウディの歴代ハイブリッドモデル 同社代表取締役社長の大喜多寛氏