トヨタ自動車・内山田竹志副会長(右)《撮影 瓜生洋明》

トヨタ自動車の内山田竹志副会長は9月24日に東京で開いた環境技術発表の記者会見で、同社のハイブリッド車(HV)に関する特許について「最初の特許群の期限が切れるのは2016年以降になると認識している」と述べた。

最近、同社のHV関連特許が13年から順次、期限を迎えるとの一部の新聞報道を否定した。トヨタは1997年に内山田氏が開発主査として初代『プリウス』を発売しており、その前年に取得した特許は16年で20年を経過する。

内山田副会長は「基本的に当社のシステムでのHVの特許はまだ、心配していない」とし、初代プリウスが発売された後も「新しい特許を多く取得している」と語った。

一方で、同社のHV技術についてはマツダや米フォードモーターなどと共同開発を進めているように「独占することはない。(開発工数など)物理的に協力できるものはやっていきたい」と述べた。今年は独BMWとも電動技術などでの協力関係構築に合意している。ただ、BMWとの間では「HVについては、まだ決まっていない」と、明らかにした。

トヨタ環境技術開発の発表会 eQとプリウスPHV トヨタプリウスPHV(米国仕様)