東海ゴム・介護支援ロボット「RIBA-IIX」

東海ゴム工業は、9月26日から28日まで東京ビッグサイトで開かれる「第39回国際福祉機器展 H.C.R.2012」の出展概要を発表した。

同社ブースでは、昨年に続いて、独自開発したオールゴムの触覚センサ「スマートラバー(SR)センサ」を採用した介護支援ロボット「RIBA」(リーバ)、「体圧検知センサ」(商品名:SRソフトビジョン)、床ずれ防止用の「SR アクティブマットレス」を展示・実演する。

ロボットは、昨年出展した「RIBA-II」に比べて大幅な軽量化とコンパクト化を実現した「RIBA-IIX」を公開。重量を約25%、台車のサイズを約20%それぞれ低減し、狭い介護現場でも作業できるように改良が施された。

また、体圧検知センサは、これまでのモニター評価により車椅子のクッション選定等に有効であることが確認されており、2013年1月に発売を予定している。SRアクティブマットレスは、昨年に比べて、血行を考慮することにより効果の向上を図った。同社ではさらに、SRセンサを使った呼吸測定技術を新規開発し、被介護者の健康状態モニターへの応用展開を進めていく。

東海ゴム・体圧検知センサ