トヨタ自動車・内山田竹志副会長(右)《撮影 瓜生洋明》

トヨタ自動車は9月24日、東京都江東区のMEGA WEBで環境技術開発の発表会を開いた。

会見した内山田竹志副会長は、今年発売したプラグインハイブリッド車(PHV)について「われわれの期待からすると、まだまだ」と、販売は低調との認識を示した。

世界初の本格量販PHVとなった『プリウスPHV』は、1月の日本に続き3月に米国、6月からは欧州で発売した。8月末までの販売は日本で8400台となるなどグローバルで1万5600台に達しているものの、当初の計画は下回っているという。

日本の場合、1350人の個人ユーザーを対象に調査した実走行の平均燃費は38.5km/リットルになった。また、燃費が100km以上に達したユーザーは全体の約15%を占めており、内山田副会長は「使い方によっては驚くほどの燃費がでることが実証された」と評価した。

また、今後の販売については、外部供給電源システムの追加やグレード体系の充実といった「お客様の要望に応えるとともに、販売会社での対応強化も図り更なる普及を進めたい」と語った。家電などに電気を外部供給するシステムについては近く追加する計画であり、同日、プロトタイプを公開した。

トヨタプリウスPHV(米国仕様) 外部給電(プリウスPHV) eQとプリウスPHV 【トヨタ 環境技術発表】内山田副会長「PHVはわれわれの期待からするとまだまだ」 【トヨタ 環境技術発表】内山田副会長「PHVはわれわれの期待からするとまだまだ」 【トヨタ 環境技術発表】内山田副会長「PHVはわれわれの期待からするとまだまだ」