セバスチャン・ベッテル(2012年シンガポールGP)

非常に荒れた展開となったシンガポールGP。それぞれの想いを聞くことで、ナイトレースの戦譜を読み解く。


優勝
セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
「今日の優勝は大きな意味がある。この勝利をシド・ワトキンズ先生と、彼のF1の安全性向上に尽くした全業績に捧げたい。シンガポールのようなサーキットでレースができるようになったのも彼の功績だよ」

「レースではルイス(ハミルトン)のリタイアが非常に残念だ。彼の無念さはよく理解できるし、同じようなことを僕も経験したこともある。彼が最後まで走っていれば、タイトなバトルになったと思うのに惜しいよね」

「ソフトタイヤのフィーリングは非常に良くてペースに乗ることができた。今日の優勝はとても価値がある。この先の数戦は激戦になるだろが、それもチャレンジのひとつだと考えている」

2位
ジェンソン・バトン(マクラーレン) 
「再びポディウムに立つことができて良い気分だ。残り全レースを1位か2位でフィニッシュできればパーフェクトだね」

「最初のスティントは、ライバルよりもロングランができたので、これは優勝できるかもしれないと考えたが、ソフトタイヤに履き替えると今度はライバルも調子よく走るようになって優位は消えてしまった。第2スティントも悪くはなかったが、ソフトタイヤのフィーリングはそれまでのスーパーソフトほどではなかった。最後10周はバランスの低下が目立ってきたよ」

「現時点でドライバーズタイトルの可能性はわずかに残っているが、今はひとつひとつのレースを楽しむことができれば満足だ。マクラーレンは鈴鹿でもコンペティティブなはずだし、チームワークも非常に良好だよ。ルイスのマシンのトラブルは残念な出来事で、解決すべき問題はありそうだ。他の部分が順調であることを考えるとなおさらだね。信頼性の問題が解決できれば、残り全レース優勝を狙うこともできると思う」

3位
フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
「結果はまずまずだけど、こういう戦い方は良くないと思う。最近の2戦みたいに近接するライバルがいつもリタイアしてくれるとは限らないし、昨日みたいなトップからほぼ1秒遅れの予選結果でチャンピオンを狙おうというのは間違っているよ」

「コース上でミスはほとんどなくて、持てる能力をほぼすべて発揮することができた。これもチームの努力の結果だし、今のタイトル順位もチームの地道な努力のおかげだとも言える」

「今日は4人のライバルを相手に有利な戦いができたことがポジティブな材料だ。おそらくシンガポールはフェラーリに非常に不利なサーキットだったし、韓国やアブダビも特性は似ているが、これらの場所でレースをする頃にはマシン改善の手がかりがつかめていることを望みたい」

「肉体的にも、シーズンで最も疲労する苛酷なレースだった。シンガポールの暑気と湿気の中で数百キロを走るというのは実際かなりきついよ」

セバスチャン・ベッテル(2012年シンガポールGP) セバスチャン・ベッテル(2012年シンガポールGP) ジェンソン・バトン(2012年シンガポールGP) ジェンソン・バトン(2012年シンガポールGP) ジェンソン・バトン(2012年シンガポールGP) ジェンソン・バトン(2012年シンガポールGP) ジェンソン・バトン(2012年シンガポールGP) フェルナンド・アロンソ(2012年シンガポールGP) フェルナンド・アロンソ(2012年シンガポールGP) フェルナンド・アロンソ(2012年シンガポールGP)