フォード・ジャパン「Go Further」を日本でも展開

フォード・ジャパン・リミテッドは、フォードがグローバルでブランド・プロミスとして展開する「Go Further」を日本に導入すると発表した。

Go Furtherは今後、ブランドのタグラインとして広告やマーケティング活動でフォード・オーバルロゴとともに訴求していく。

Go Furtherとは、フォードが真のグローバル企業として、魅力的な商品やサービスを提供し、強固なビジネスを構築して、世界中の人々と社会に貢献しながら、成長と前進をしていくことを宣言したもの。

同時に、フォード・モーターの創業者ヘンリー・フォードが掲げた「自動車を大衆のために。」という車づくりの思想を達成するため、100年以上にわたってフォードの企業理念をひとつの言葉に置き換えたものとしており、今後、フォードの共通のメッセージとして全世界に発信していく。

フォード・モーターは、2008年に「One Fordプラン」を掲げて、グローバル企業としてクオリティ、グリーン、スマート、セーフティをブランドの柱に据えた商品を投入してきた。日本でもグローバル戦略であるOne Fordプランのもと、2010年から新商品の導入を加速してきた。この効果もあって2012年1〜8月の販売実績は前年同期比29%増を達成している。

フォード・ジャパンは、エクスプローラーを中心とするSUVラインアップとスペシャルティカーのマスタングによる従来の商品ラインアップに加え、2013年前半にフォードがグローバルプロダクトして展開しているコンパクトカー、新型「フォーカス」をラインアップに追加する。

新たなブランド・プロミスGo Furtherとともに日本市場での成長を目指す。