日立建機「スカイアングル」

日立建機は、クラリオンと共同開発した全周囲安全確認支援装置を製品化し「SkyAngle(スカイアングル)」の名称で10月1日から発売すると発表した。

SkyAngleは、建設機械オペレーターの周囲安全確認を支援するシステム。建設機械に複数の広角カメラを搭載し、各カメラの画像を変換・合成することで機械を中心として上空から見下ろしたような映像を運転席ディスプレイに表示する。

映像は、車体を中心とした「ワイドエリア表示」や「クローズエリア表示」、従来のバックモニターシステム画像との「並列表示」など、オペレーターの操作で切り替えが可能。オペレーターは、他の建設機械やサービスカーとの位置関係など、機械の周囲状況を瞬時に把握することができる。

両社はマイニングダンプトラックの実機を使っての耐久性、機能、性能の確認試験を完了し、製品化を決めた。

SkyAngleは、マイニングダンプトラックへの搭載からスタートし、超大型油圧ショベルなど、適用製品を順次拡充していく。