広汽トヨタディーラー《撮影 土屋篤司》

反日デモの影響で、9月18日から、中国内の一部工場の操業を見合わせていたトヨタ自動車。9月24日から、工場の操業を再開することが分かった。

これは9月21日、トヨタ自動車が明らかにしたもの。中国内で稼働を停止していた一部工場について、9月24日からの生産再開を決めている。

中国国内では、日本政府が尖閣諸島を国有化すると発表して以降、反日デモが激化。トヨタの青島にある現地ディーラーでは、暴徒化したデモ集団により、展示車両が被害を受けるなどしていた。

トヨタは中国に、部品工場を含めて9の現地工場がある。なお、9月18日に操業を停止したのがどの工場かは、公表されていない。