ホンダの燃料電池車 FCXクラリティ

究極の環境対応車として、各自動車メーカーが開発に力を注ぐ燃料電池車。ホンダが次世代の燃料電池車を、2015年に市販することが分かった。

これは9月21日、東京本社で記者会見したホンダの伊東孝紳社長が明らかにしたもの。伊東社長は「新型の燃料電池車を、2015年から日米欧で順次販売する」と宣言したのだ。

ホンダといえば、自動車業界において、いち早く燃料電池車の研究開発に取り組み、少量ながら市販も行ってきたメーカー。同社は2002年末、『FCX』を日米でリース販売。燃料電池車として初めて、米国EPA(環境保護局)とカリフォルニア州大気資源局の認定を受けたモデルになった。

2007年には、『FCXクラリティ』を発表。FCXの3ドアハッチバックボディから、実用的な4ドアセダンに進化した。日本をはじめ、米国や欧州でリース販売されている。

今回、ホンダが2015年の発売を宣言した新型燃料電池車は、初代のFCXから数えると、ホンダとしては3世代目モデルになる。その内容は、現時点では未公表。ただし、ホンダの伊東社長は、「さらなる技術進化と大幅なコストダウンを図る」と述べており、現実的な価格で市場に投入される可能性がある。

ホンダの燃料電池車 FCXクラリティ ホンダの燃料電池車 FCXクラリティ