アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》

今年1月に国内で発表されたアルファロメオの新型Cセグメントハッチバック『ジュリエッタ』。ジュリエッタは、『147』の後継であり米国ではダッチ『ダート』のベース車となる。

ジュリエッタ『スプリント』がラインアップの中でエントリーグレードとなる。

スプリントの1.4リットルマルチエアターボエンジンは最高出力125kW(170ps)/5500rpmを達成している。「ノーマル/オールウェザー」のモードでは、最大トルク230Nm/2250rpmだが、「ダイナミック」モードを選択することにより、最大トルクが250Nm/2500rpmに向上。トランスミッションは、6速ツインクラッチトランスミッション「TCT」を採用している。

ジュリエッタ「スプリント」の価格は318万円からだ。

アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》 アルファロメオ ジュリエッタ スプリント《撮影 太宰吉崇》