小櫃川を渡るキハ30《撮影 大野雅人》

JR東日本は、久留里線で活躍中の気動車キハ30・37・38形の引退を発表。12月1日をもってこれら旧型気動車は運用からはずれ、同日から水郡線などで活躍する新型気動車キハE130形へと置き換わる。

キハ30・37・38形は、国鉄時代に製造された気動車で、キハ30には水平DMH17Hエンジン(180PS、1500rpm)が、キハ37・38には過給器付き直立DMF13S(210PS、1600rpm)が搭載されている。

久留里線での運用最終日となる12月1日には、13時45分ごろより「旧型キハさよならセレモニー」が久留里駅で行われる予定。

久留里駅に停車するキハ30《撮影 大野雅人》 小櫃川を渡るキハ38《撮影 大野雅人》 久留里駅に停車するキハ37《撮影 大野雅人》 水戸運輸区の水郡線用キハE130《撮影 大野雅人》 水戸運輸区の水郡線用キハE130《撮影 大野雅人》