iPhone 5の地図アプリでカーナビ機能を試す

iOS 6の新機能で新たに採用されたアップル独自の地図アプリ。この地図アプリには、リアルタイムのナビゲーションが備わっており、ターン・バイ・ターン方式のルート案内が可能だ。さっそく発売当日に入手した『iPhone 5』で目的地検索をおこない、ナビゲーションをスタートするところまでを試してみた。

Wi-Fiが利用できる環境ということもあるが、ベクター方式の地図を採用しているだけに、地図の描画は非常に高速。スクロールも気持ちがいい。なお3Dの表示モードもあるが、高低差までは描画されない。

音声案内はテキスト・トゥ・スピーチ(TTS)で、多少難度の高い漢字の場合、読み上げは多くの場合正しくない。映像でも「青梅(おうめ)」を「あおうめ」と読んでしまっている。

また、道路名で案内する仕様のため「○○道」の「道」の部分が省略されて案内される。つまり青梅街道を案内する場合、「道」が省略されて「“あおうめまち”西から東へ」(動画の1分10秒くらい)と読んでしまうため、地名と間違えてしまいそうだ。