ホンダ シビック 新型 欧州専用モデル《撮影 宮崎壮人》

ホンダのコンパクトカー、『シビック』の頂点に立つ高性能グレード、「タイプR」。欧州向けの新型シビックに、タイプRが設定されることが確定した。

これは9月21日、東京本社で記者会見したホンダの伊東孝紳社長が明らかにしたもの。伊東社長は「欧州市場向けに、新たにシビック タイプRを開発し、顧客の期待に応えていきたい」と述べたのだ。

現時点で、新型シビック タイプRについて公表されているのは、欧州向けの新型シビックをベースに開発し、2015年に発売目標ということのみ。ただし伊東社長は、「WTCC(世界ツーリングカー選手権)の技術をフィードバックし、ニュルブルクリンクFF最速を目指す」と公言しており、現行タイプRよりも、さらに高い次元のスポーツカーを目指すのは間違いない。

ところで、ホンダは現行シビック タイプRを、日本市場に「タイプRユーロ」として導入(2012年6月に販売終了)。次期タイプRが、日本市場に上陸するかどうかは明言されておらず、ファンにとっては気になるところだろう。

ホンダ シビック 新型 欧州専用モデル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ シビック 新型 欧州専用モデル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ シビック 新型 欧州専用モデル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ シビック 新型 欧州専用モデル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ シビック(欧州仕様) ホンダ シビック(欧州仕様)