アストンマーチン・ヴァンキッシュ《撮影 瓜生洋明》

英国のスポーツカーメーカー、アストンマーチンは9月20日、V12エンジンを搭載したスーパースポーツカー新型『ヴァンキッシュ』を日本初公開した。従来モデルである『DBS』に変わる新たなフラッグシップモデルとなる。

アストンマーチンは、VHアーキテクチャと呼ばれるプラットフォームを2003年から導入してきたが、新型ヴァンキッシュは、新世代のVHアーキテクチャを採用する最初のモデルになる。『One-77』のスタイリングモチーフを反映させたエクステリアは、ボディパネルの全てをカーボンファイバーで構成することで、ボディのねじり剛性をDBS比で25%向上させた。

エンジンは、565hpを発揮する新開発のV12エンジンを搭載。このエンジンは、単にハイパーを追求した物ではなく、最高級グランドツアラーとして無理なく最高のパフォーマンスを発揮できるようにセッティングされている。

また、シートポジションを最適化させることなどで居住性も向上、特にトランクスペースが従来モデルに比べ60%拡大している。

アストンマーティンラゴンダ グローバルセールスディレクター Andy Gawthorpe氏は新型ヴァンキッシュについて「これからの100年の形を象徴したクルマ」と語った。

新型ヴァンキッシュの国内販売価格は3149万4750円。ディーラー関係者によると、乗り出し価格は約3300万円、オプションを追加するとさらに300〜400万円ほど上乗せされるという。

アストンマーチン・ヴァンキッシュ アストンマーチン・ヴァンキッシュ アストンマーチン・ヴァンキッシュ アストンマーチン・ヴァンキッシュ