三菱 i-MiEV

京都府と三菱自動車工業、京都三菱自動車販売、ニチコンおよびGSユアサは、京都府内での自然災害や大規模停電等が発生した場合に、京都府が応急対応や災害復興のため、協力企業に対して電気自動車(EV)および給電装置の提供(無償貸与)協力を要請することができる協定を締結した。

災害時に協力企業が提供するのは、三菱『i-MiEV』『ミニキャブMiEV』(当面25台)。各車両に給電装置『MiEVパワーボックス』を付帯させる。

災害時などにおいてEVを移動可能な非常用電源として活用する協力協定は、全国で初めての事例となる。

同協定の締結により、京都府内での災害等発生時において、「移動手段」としての機能だけではなく、電力や燃料の供給が途絶えた場合の機動力ある非常用電源としての活用が期待される。

活用イメージ 活用イメージ 三菱、MiEVパワーボックス MiEVパワーボックス 三菱ミニキャブMiEV(EV)《撮影 宮崎壮人》