ホンダ・スマートホームシステム実証実験ハウス≪撮影 小松哲也≫

東芝は、ホンダがさいたま市で実施しているスマートホームシステムの実証実験に参画。両社はスマートホームでのエネルギー最適化などを目的とした実証実験を共同で推進すると発表した。

ホンダは、2012年4月から、さいたま市の「E-KIZUNA Project」の取り組みの一環として、埼玉大学隣接地のスマートホームシステム実証実験ハウス2棟で、モビリティーを含めた日常生活領域でのCO2排出削減を目指した実証実験を行っている。

2013年度中に完成予定の3棟目には、両社のエネルギーマネジメントシステムを導入。HEMS構築のための通信規格「ECHONET Lite」に対応したスマート家電、太陽光発電システム、ガスコージェネレーションシステムといった創エネルギー機器、家庭用蓄電池や電気自動車(EV)の制御により、日常生活のエネルギーマネジメントの最適化と災害時の電力供給を両立できるスマートホームシステムの構築を目指す。

実証実験では、東芝がスマートメーターを活用し、この3棟をつないだコミュニティー内のエネルギーマネジメントや家庭内機器の制御を、ホンダがEVや創蓄エネルギーを担当。両社のクラウド連携、機器間の相互接続性の実現、EVに搭載した二次電池「SCiBTM」のリユースに関しても検討していく。

両社は、今後、スマートコミュニティーにおける快適な移動と生活を実現する技術実証、協業ビジネスモデルの確立に向けた協議も行っていく。

HSHS実証実験ハウス≪撮影 小松哲也≫ 燃料電池車クラリティからの給電≪撮影 小松哲也≫ HSHS実証実験ハウス≪撮影 小松哲也≫