ルノー・ルーテシアイニシャルパリ《撮影 内田俊一》

ルノー・ジャポンは9月20日、ルーテシアの限定車『ルーテシア イニシアル・パリ』を発売した。30台限定で、234万8千円である。

ルーテシア イニシアル・パリは、20区あるパリの中でどこが似合う区か。同社商品担当のフレデリック・ブレン氏は16区だという。「16区は凱旋門を含めた高級住宅街です。この16区のアパートは天井が非常に高く、通常のアパートと比べると、倍近くあるところもあります。同じ高さながら、他の区と比較すると5階あるところが3階しかなかったりするのです」とその特徴を語る。

そこに住んでいる人たちは、「ルノーであれば『ヴェルサティス』などがファーストカーとなりますが、セカンドカーは絶対にイニシアル・パリです」と笑う。「このクルマのシートはレザーですが、通常のレザーシートではありません。バックレストに刺繍が入っていたり、パイピングがしてあるなど、5〜600万円相当のクルマが使うようなレザーを使っているのです」と述べる。

「マダム達が、16区に住みながらちょっとお出かけや、子供を送り迎えするときなどで、コンパクトなクルマ、ルーテシア イニシアル・パリを使っているのです。階級社会があるところなので、そこに似合うようなクルマとイニシアル・パリが選ばれているのでしょう」と話した。

ルノー・ルーテシアイニシャルパリ《撮影 内田俊一》 ルノー・ルーテシアイニシャルパリ《撮影 内田俊一》 ルノー・ルーテシアイニシャルパリ《撮影 内田俊一》 ルノー・ルーテシアイニシャルパリ《撮影 内田俊一》 ルノー・ルーテシアイニシャルパリ《撮影 内田俊一》 ルノー・ルーテシアイニシャルパリ《撮影 内田俊一》 ルノー・ルーテシアイニシャルパリ《撮影 内田千鶴子》 ルノー・ルーテシアイニシャルパリ《撮影 内田千鶴子》 ルノー・ルーテシアイニシャルパリ《撮影 内田俊一》 ルノー・ルーテシアイニシャルパリ《撮影 内田千鶴子》 ルノー・ルーテシアイニシャルパリ《撮影 内田千鶴子》