ダイハツ・UFC

ダイハツ工業のインドネシア子会社、アストラ・ダイハツ・モーター(ADM)は、9月20日から30日に、ジャカルタで開催される「第20回インドネシア国際モーターショー」に、世界初公開となる『UFC』など4車種4台のコンセプトカーと、市販予定車『アイラ』、各種技術などを出展する。

今回のモーターショーでは、「Daihatsu is Best Friend of Life」をテーマに、低燃費・省資源・低価格なスモールカー技術で、インドネシアの生活に根ざしたクルマを提供する、ダイハツの企業姿勢をアピールする。

世界初公開となるUFCは、軽自動車で培ったスモールカーづくりのノウハウを活かしながら、ADMが主体となって開発したコンセプトカー。インドネシアで求められるニーズを徹底調査し、コンパクトなボディサイズに、スタイリッシュなデザイン、広い室内空間を実現した上で、多彩なシートアレンジやスライドドアなどを採用。インドネシアの多様な生活シーンに対応する利便性を実現したクルマとした。

また、『D-R』『D-X』は、一つのシャシーで、まったく異なる個性を楽しめる「驚き」や「楽しさ」を表現したクルマ。D-Rはスタイリッシュでエレガントなスタイリングとする一方、D-Xでは、タフでアグレッシブなスタイリングを採用。パーツ交換可能な樹脂ボディとすることで、1台で2つのスタイリングを楽しめるクルマとした。さらに、2気筒直噴ターボエンジンを搭載し、走りの楽しさと低燃費を両立。スモールカーならではのヒトとクルマの一体感ある走りと共にスポーツカーの新しいカタチを提案する。

ゼロエミッション・次世代モビリティとして開発した『FC 商 CASE』は、貴金属フリー液体燃料電池を搭載した次世代ユニットを採用。安心・自由なエネルギー未来へのゼロエミッション・ビークルとして小さな車の新たな可能性を提案している。

なお、市販予定車となるアイラは、特別色2台を含む5台を展示する。

ダイハツ・UFC ダイハツ・UFC ダイハツ・UFC ダイハツ・UFC ダイハツ・UFC ダイハツ・UFC ダイハツ・UFC ダイハツ・UFC ダイハツ・UFC ダイハツ・UFC ダイハツ・アイラ ダイハツ・アイラ ダイハツ・アイラ ダイハツ・アイラ ダイハツ・アイラ ダイハツ・アイラ ダイハツ・アイラ ダイハツ・アイラ ダイハツ・D-R ダイハツ・D-R ダイハツ・D-R ダイハツ・D-R ダイハツ・D-R ダイハツ・D-R ダイハツ・D-R ダイハツ・D-R ダイハツ・D-R ダイハツ・D-X ダイハツ・FC 商 CASE