4月1日、米国トヨタ販売の社長兼CEOに就任したジム・レンツ氏

2012年11月28日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー12。同ショーの開幕を告げる恒例の基調講演に、今年はトヨタ自動車の現地法人のトップが登壇する。

これは9月19日、ロサンゼルスモーターショーの主催団体が発表したもの。米国トヨタ販売のジム・レンツ社長兼CEOが、11月28日のプレスデー初日、最初のプログラムである基調講演を行うとアナウンスされたのだ。

ジム・レンツ社長兼CEOは、トヨタで約30年に渡るキャリアを持ち、2012年4月、米国人として初めて、現地法人のトップに就任。レンツ社長兼CEOのリーダーシップの下、トヨタの米国新車販売は現在、前年同月比40%以上の伸びを示している。

世界の自動車産業が激変の時代を迎えている中、ジム・レンツ社長兼CEOは今回の基調講演において、トヨタの取り組み、具体的には他社および他産業との連携について語る予定。さらに、新型『アバロン』から始まった北米専用車の新たな開発手法について、講演を行うという。