18日午後6時ごろ、長野県塩尻市内の市道で、道路左側の路肩を歩いていた13歳の男子中学生が、後ろから進行してきた軽乗用車と衝突する事故が起きた。中学生は収容先の病院で死亡。警察はクルマを運転していた20歳の女性から事情を聞いている。

長野県警・塩尻署によると、現場は塩尻市宗賀付近で幅員約4mの直線区間。13歳の男子中学生は友人と一緒に道路左側の路肩を並列で歩いていたが、後ろから進行してきた軽乗用車にはねられたものとみられる。

中学生は頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、約2時間30分後に死亡した。一緒にいた友人にケガはなかった。警察はクルマを運転していた20歳の女性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

現場には街灯が無く、夜間の見通しは若干悪かった。警察ではクルマ側の前方不注視が事故の主因とみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。