住友三井オートサービス(webサイト)

住友三井オートサービスの関連会社であるスペイス・ムーブは、宮城県仙台市に新たなリース満了車の集積ヤード「仙台ヤード」を開設、smapとして、9月19日より業務を開始した。

smapとは、リース満了車両を主に集めた入札方式のオークション会場。同社は、東日本大震災の際には、復興のための自動車需要に即対応するため「那須ヤード」を開設し、被災地復興支援のため、満了車両による中古車リースを供給した。

今回の「仙台ヤード」は、第2ステップとして、初心に帰って地域に根差したサービス体制を改めて構築することを主眼として開設。仙台ヤードは、青森・秋田・岩手・山形・宮城の5県の満了車両を集め、中長期的には東北地域のハブ会場に育てていきたいとしている。

一方、「那須ヤード」に関しては、従来の震災復興支援のための満了車両集積ヤードから、福島・茨城・栃木・群馬の各県で発生するリース満了車両を集めることとし、北関東地域のハブ拠点としていく。

今回の新設で、smapの東日本地区の集積ヤードは、北海道(smap札幌ヤード)、東北(仙台ヤード)、北関東(那須ヤード)、首都圏および南関東地域をカバーするsmap東京ヤードの4か所となった。同社では、満了車両を各ヤードに分散して集積し、顧客の所在地域においてより密着したサービスの提供を進めていく。

また、smap出品会員に対しても、各地域毎に満了車両の集積ヤードを持つことで、満了車両の引取り〜会場搬入〜smap出品までの期間短縮、陸送コストの削減を実現。出品会員への満足度向上を図っていく。

住友三井オートサービス(イメージ)