コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)《撮影 佐藤隆博》

9月20日から23日まで、幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2012にて、コードマスターズが10月4日に発売を予定しているF1レースゲーム『F1 2012』がプレイアブル出展した。

試遊台が設置されている場所はセガのブース内で、会場には3台の「Playseat」製レーシングドライバーシートとステアリングコントローラーが配置された。初日はビジネスデイだったにもかかわらず多くのレースゲームファンが訪れ、体験者だけがプレゼントされるネックストラップを持ち帰った。混雑時はあらかじめ選択されているドライバーとコースをプレイすることになるが、空いている時間帯は体験者がドライバーやコースを選択可能だった。F1 2012の価格は7770円。

また、同社が手がけるもうひとつのF1ゲーム『F1 RACE STARS』も出展された。こちらはデフォルメされたかわいいドライバーが登場するレースゲームで、小さな子どもから大人まで遊べる作品。オフラインでは最大4人、オンラインでは最大12人まで対戦が可能。本作は画面がコミカルなため、一見すると子供向けのゲームのような印象を受ける。しかしドライバーが実名で登場したり、KERSやペースカーなどのシステムが組み込まれていたりするのでF1ファンも楽しめる。発売日は12月13日で価格は7140円。

なお、どちらのゲームも対応機種はPlayStation3とXbox 360。

コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)《撮影 佐藤隆博》 コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)《撮影 佐藤隆博》 コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)《撮影 佐藤隆博》 コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)《撮影 佐藤隆博》 コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)《撮影 佐藤隆博》 コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)《撮影 佐藤隆博》 コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)《撮影 佐藤隆博》