デルタ航空、充電ステーションを成田空港に設置

デルタ航空は、空港の出発ゲートで利用客が無料で電子機器を充電できる「充電ステーション」の設置を推進。今回、新たに成田空港を含む13空港への追加設置を開始した。

成田空港では、デルタ航空が使用する第一ターミナルの第一サテライトと第二サテライトの出発ゲート付近に、110ボルトのコンセント6口とUSBポート2口がついた充電ステーション6台を設置した。米国外の空港で充電ステーションを設置するのは成田空港が初めてとなる。

また米国内では、アンカレッジ、オースティン、デンバー、ダラス・フォートワース、ヒューストン、カンザスシティ、ミルウォーキー、ニューオリンズ、オンタリオ、フィラデルフィア、フェニックス、シラキュースの12空港で、年末までに充電ステーションを新たに設置する。

デルタ航空のウェイン・アーロン副社長は「出発ゲート付近への充電ステーションの設置は、利用客から好評だ。最近ではスマートフォンやタブレット型端末を持って旅行する利用客も多く、フライト前に充電すれば、機内で仕事をしたり娯楽を楽しんだりすることもできる」と述べた。

デルタ航空、充電ステーションを成田空港に設置 デルタ航空、充電ステーションを成田空港に設置 デルタ航空、充電ステーションを成田空港に設置