アウディ A1 スポーツバック(参考画像)《撮影 太宰吉崇》

最もコンパクトなアウディ、『A1』に加わった5ドアの『A1 Sportback(スポーツバック)』。厳密に見るとVWポロより25mm短く、60mm幅広く、35mm低い(ホイールベースは5mm短い)。

アウディ独特の丸いカプセルに包まれている感のある室内は、ソフトパッド使用のインパネ始め、申し分のない上質感。Bピラー内張りにフロントドアトリムのデザインを連続させた手法はアルファロメオ流だ。

後席スペースはポロと同等ながら、天井の“何となくの丸み”がポロ以上に人に優しい。パワーウインドスイッチを照らす照明なども上級クラス風だ。外観は誰がどこから見てもアウディだが、A1にもあるオプションの2トーン(コントラストルーフカラー)は、色と組み合わせにより(個人の好みもあるが)微妙な感あり。

走りはポロGTI以上のスポーティさ。オプションの16インチタイヤを装着していた試乗車は街中等では明らかに乗り味が締まっており(BMWミニ・クーパーと同等かそれ以上)、その代わり高速走行ではヒタッと路面に吸い付くような振るまいを見せた。

屈曲路でのクイックな身のこなしは、目からウロコが落ちる。1.4リッターTFSIエンジン(122ps/20.4kg-m)+7速Sトロニックは、パワーと扱いやすさがクルマにピッタリ合っている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

アウディ・A1 スポーツバック《撮影 太宰吉崇》 A1スポーツバック アウディ・A1 スポーツバック《撮影 太宰吉崇》 アウディ・A1 スポーツバック《撮影 太宰吉崇》 アウディ・A1 スポーツバック《撮影 太宰吉崇》