トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》

トヨタとダイハツは19日、ジャカルタで共同発表を行い、インドネシア専用の新型コンパクトカー、ダイハツ『アイラ』とトヨタ『アギア』を発表した。

ダイハツからOEM供給となるアギアは、トヨタのインドネシア戦略において新たな役割を果たす。ダイハツ『セニア』、トヨタ『アバンザ』の購入に踏み切れない顧客へのエントリーモデルとしての位置づけだ。

成長著しいインドネシアの自動車市場で、トヨタグループは大きな存在感を示しており、今回の新型コンパクトアギア、アイラによって一層の拡販を図る。

トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》 トヨタ・アギア《撮影 柴田基宏》