ホンダ 大山龍寛専務(参考画像)《撮影 土屋篤司》

ホンダの大山龍寛専務(2輪事業本部長)は9月19日の記者会見で、世界の2輪車メーカーによる2012年の総生産は「前年並みか、前年より多少減少するだろう」との見通しを示した。

同日、日本自動車工業会が東京で開いた2輪メーカー4社による共同会見で述べた。自工会のまとめによると、11年の2輪世界生産は前年比7%増の6345万台となり、初めて6000万台を突破している。このうち、日本4社の生産は44%を占めた。

自工会の2輪車特別委員会副委員長を兼ねる大山専務は、今年の需要動向について「インドネシアのローン規制や、ここ2〜3か月のインドの鈍化などにより、年半ばになって調整局面にある」と指摘。このため、年間ではほぼ前年レベルにとどまると予測した。

一方で、大山専務は「調整局面後には回復の足取りは強くなるだろう。世界的にはまだまだ拡大の勢いはある」とも述べ、世界レベルでの2輪需要の先行きに手ごたえを表明した。

ホンダ・スーパーカブ110 ホンダ・CBR250R