日産・ノート X DIG-S《撮影 太宰吉崇》

日産自動車は、同社が9月3日に発売した新型『ノート』の受注台数が、発売後約2週間の9月18日時点で、月間販売目標(1万台)の2倍以上となる2万1880台に達したと発表した。

同社は、好調な立ち上がりとなった理由について、内外装デザインのほか、新開発の直噴ミラーサイクルエンジンと高効率スーパーチャージャーを組み合わせた「HR12DDR」エンジン搭載車が「2015年度燃費基準+20%」を達成し、自動車取得税と自動車重量税が免税となっていることを挙げている。

グレード別では、HR12DDRエンジン搭載車が73%で、そのうち「X DIG-S」が全体の48%と約半数を占めている。また、ボディーカラー別では、ブリリアントホワイトパール(21%)、ブリリアントシルバー(19%)、スーパーブラック(14%)がトップ3となっている。

また年齢別では、60歳以上(37%)、50歳代(24%)、40歳代(20%)と、高齢者ほど人気が高くなっている。

日産・ノート