横浜市とNTTドコモが社会実験として実施しているサイクルシェア「baybike(ベイバイク)」

横浜市とNTTドコモは、社会実験として2011年4月から実施しているサイクルシェア「baybike(ベイバイク)」の利用回数が、8月末までに約7万2000回に達するなど、新しい交通手段として地域に浸透していることを明らかにした。

サイクルシェアとは、レンタサイクルの形態のひとつで、好きなときに好きな場所で、自転車を借りたり返したりできる自転車共同利用サービス。2007年にフランスのパリ市で、velib(ベリブ)というサイクルシェアが導入されるなど、欧米諸国ではすでに都市の顔として定着。近年では、日本でも多くの都市で事業化や社会実験が行われている。

横浜のサイクルシェア「ベイバイク」は、横浜市とNTTドコモが社会実験として行うもので、2014年3月まで実施予定。横浜の人気観光スポット「みなとみらい」「関内」周辺に無人の貸出・返却拠点(サイクルポート)が27か所あり、観光や日常の手軽な交通手段として利用することができる。

ベイバイクは、「サイクルシェア」と「モバイル」の連動を意識し、自転車の予約から、利用、返却、利用後のデータフィードバック(自転車走行距離などのレポート)までを一貫して携帯電話でコントロールすることが可能。また利用者が、走行ルートや消費カロリー、観光スポットなどを楽しめるAndroidアプリの提供も行っている。

登録料金は、ICカード1050円、おサイフケータイ315円(9月末まで登録無料)。利用料金は1日会員プラン525円、月額会員1050円など。

横浜市とNTTドコモが社会実験として実施しているサイクルシェア「baybike(ベイバイク)」 横浜市とNTTドコモが社会実験として実施しているサイクルシェア「baybike(ベイバイク)」 横浜市とNTTドコモが社会実験として実施しているサイクルシェア「baybike(ベイバイク)」 横浜市とNTTドコモが社会実験として実施しているサイクルシェア「baybike(ベイバイク)」 横浜市とNTTドコモが社会実験として実施しているサイクルシェア「baybike(ベイバイク)」 横浜市とNTTドコモが社会実験として実施しているサイクルシェア「baybike(ベイバイク)」