トヨタ車体、フランスでのダカール2012参戦車両の最終テスト

トヨタ車体は、10月1日にスタートする「ファラオインターナショナルクロスカントリーラリー2012」に、『ランドクルーザー200』ベースのラリー車2台で参戦すると発表した。

同ラリーは1982年からエジプトで開催され、今回で31回目。FIAクロスカントリーラリー・ワールドカップシリーズ第7戦として開催されるほか、開催時期が近いダカールラリーの前哨戦として毎年多くのチームが参戦する。トヨタ車体も、2013年1月にスタートするダカールラリー2013での市販車部門王座奪還に向けた前哨戦として臨み、昨年に続いて市販車部門での優勝を目指す。

ラリーは10月1日に3大ピラミッドで有名なギザをスタートした後、内陸部に設けられた2か所のビバーク(宿泊地)を中心に6日間にわたって灼熱の砂丘ステージを走破する。10月6日にギザにゴールするまで、総走行距離は約2000kmにおよぶ。

2011モデルのランドクルーザー200