シトロエン C3ピカソの改良モデル

シトロエンは9月17日、フランスで9月27日に開幕するパリモーターショー12において、『C3ピカソ』の改良モデルを初公開すると発表した。

C3ピカソは2008年10月、パリモーターショー08でデビュー。『C3』をベースに開発された小型MPVで、ボディサイズは全長4080×全幅1730×全高1620mm。取り回し性に優れるコンパクトサイズでありながら、広い室内空間を実現しているのが特徴だ。

シトロエンは今回、C3ピカソにデビュー以来初となる大幅改良を実施。内外装をアップデートすることで、商品力を引き上げている。

エクステリアは、新デザインのフロントマスクが目を引く。グリルやバンパーの形状を一新し、新鮮さを醸し出す。とくにグリルは、シトロエンの新世代アイデンティティを表現したデザインだ。LEDデイタイムランニングライトも追加された。

2列シート、5名乗りの室内は、広々とした空間を維持しながら、シート素材などを見直し。オプションで「ミストラルクラウディア」と呼ばれるレザー内装を用意した。ナビゲーションシステムも、最新世代にバージョンアップしている。

シトロエン C3ピカソの改良モデル シトロエン C3ピカソの改良モデル シトロエン C3ピカソの改良モデル シトロエン C3ピカソの改良モデル シトロエン C3ピカソの改良モデル シトロエン C3ピカソの改良モデル