段付きノーズ(マクラーレン 2012年ベルギーGP)(参考画像)

F1各チームは、2013年から段付きノーズに整形カバーを容認するルール改訂案に同意した。

2012年開幕当初、12台のF1マシンの特異な外形が議論の中心となり、多くのファンからも批判的なフィードバックが寄せられた。主にサイドインパクトを受けた際のドライバー保護を強化したノーズ周りの寸法規定がもたらした副作用が、マクラーレンとマルシャを除くマシンのノーズに表れてしまった。

パディ・ロウ(マクラーレンテクニカルディレクター)が語る。

「つまり女性に例えれば、ボディラインに自信がない方は人工的に整えてもいいですよという考えですね。今のマシンの構造はそのままで良いから、隠す努力はしてくれないかということです。具体的には、空力的なアドバンテージにはほとんどならず、また前方からのインパクトには影響しないような厚さとサイズに制限が加わることでしょう」

まだFIAの正式承認には至っていないが、全チームが同意しているのでルール変更は間違いなさそうである。

段付きノーズ(マクラーレン 2012年 イタリアGP)