東風日産、花都工場組立ライン(参考画像)《撮影 池原照雄》

全体相場は4日ぶりに反落。

寄り付きは買いが先行。しかし、後場入り後は中国・上海などアジア市場の下落を受け、利益確定の売りに急速に伸び悩む展開。日銀金融政策決定会合を翌日に控え、模様眺め気分が支配的だった。

平均株価は前週末比35円62銭安の9123円77銭と反落。尖閣諸島を巡る中国情勢の緊迫化を受け、関連銘柄への売りが目立った。

自動車株は高安まちまち。

富士重工5円高の666円と続伸。

マツダ、ダイハツ工業、三菱自動車がしっかり。

大手3社はそろって反落。

日産自動車が37円安の701円、ホンダが67円安の2604円と反落。中国市場への依存度の高さから、生産面への悪影響を懸念する見方も出ている。

トヨタ自動車も20円安の3195円と反落。

スズキ、日野自動車がさえない。

広汽ホンダ独自ブランド車「理念S1」(参考画像)《撮影 小松哲也》