トヨタ2000GT(前期型)《撮影 内田千鶴子》

9月16日、榛名湖駐車場(群馬県高崎市)をベースとして『スプレンドーレ榛名(旧クラシックラリーミーティング)』が開催された。主催はおもちゃと人形自動車博物館。

200台近い参加車の中から、懐かしい日本車の一部を写真でご紹介しよう。

トヨタ2000GT(後期型)《撮影 内田俊一》 86の先祖ともいえるトヨタ・スプリンタートレノ(TE27型)。この参加車は東京大学と関東工業自動車大学校の学生による、海外のラリーに参戦するプロジェクトのためにラリー仕様に仕立てられたモデルである。《撮影 内田俊一》 86の先祖ともいえるトヨタ・スプリンタートレノ(TE27型)《撮影 内田俊一》 86の先祖ともいえるトヨタ・スプリンタートレノ(TE27型)《撮影 内田俊一》 86の先祖ともいえるトヨタ・スプリンタートレノ(TE27型)《撮影 内田俊一》 86の先祖ともいえるトヨタ・スプリンタートレノ(TE27型)《撮影 内田俊一》 トヨタ・パブリカ1200SL《撮影 内田俊一》 トヨタ・パブリカ1200SL《撮影 内田俊一》 トヨタ・パブリカ1200SL《撮影 内田俊一》 トヨタ・パブリカ1200SL《撮影 内田俊一》 トヨタ・セリカ1600GTV(左)と1600GT(右) 驚くほどオリジナルを保っている2台だ。《撮影 内田俊一》 トヨタ・セリカ1600GT《撮影 内田俊一》 トヨタ・セリカ1600GT《撮影 内田俊一》 トヨタ・セリカ1600GT《撮影 内田俊一》 トヨタ・クラウンハードトップ2600.通称クジラクラウンと呼ばれるモデル。フロントマスクが特徴的だ。《撮影 内田俊一》 トヨタ・クラウンハードトップ2600.通称クジラクラウンと呼ばれるモデル。フロントマスクが特徴的だ。《撮影 内田俊一》 日野・コンテッサ1300クーペ《撮影 内田俊一》 日野・コンテッサ1300クーペ《撮影 内田俊一》 日野・コンテッサ1300クーペ《撮影 内田俊一》 日野・コンテッサ1300クーペ《撮影 内田俊一》 日産・スカイラインGTR(左)と通称54Bと呼ばれる2000GT(右)《撮影 内田俊一》 日産・スカイラインGTR(右)と通称54Bと呼ばれる2000GT(左)《撮影 内田俊一》 日産・バイオレット《撮影 内田俊一》 スバル360(左)とホンダ・ライフ(右)《撮影 内田俊一》 ホンダ・S600《撮影 内田俊一》 ホンダ・S800クーペ《撮影 内田俊一》 ホンダ・S800クーペ《撮影 内田俊一》 いすゞ・ベレットGT《撮影 内田俊一》 いすゞ・ベレットGT《撮影 内田俊一》