ランクセスは、ドイツのボンド・ラミネートを買収したと発表した。今回の買収で、ランクセスは自動車軽量化材料の製品ポートフォリオを強化する。

買収価格は非公開。ボンド・ラミネートは、1997年にドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州ブリーロンで創業した。ガラス繊維などで強化した熱可塑性複合シートを開発・製造している。

ボンド・ラミネートの熱可塑性ガラス繊維複合技術を用いた製品は、「TEPEX」の商標名で販売されており、ランクセスとは、2006年から共同で自動車産業向け複数のプロジェクトを展開してきた。

金属部品と比べて加工が容易な熱可塑性ガラス繊維複合シートは、機械的性質に優れ、最大40%まで重量の軽量化を図れる。これによって自動車の燃費向上や生産コストの削減、デザインの自由度や安全性の向上を図ることができる。

自動車メーカーは、自動車に使用する材料を金属材料のみから、金属とプラスチックを一体化させた複合材料へとシフトしている。ランクセスの高機能プラスチック「デュレタン」を使ったプラスチックとスチールまたはアルミニウムによる複合材料は、自動車部品として採用が拡大している。

現在、自動車1台あたりのプラスチック含有率は約20%で、今後、この割合は一層増加する見通し。ランクセスはボンド・ラミネートを買収することで、自動車向け軽量化素材事業の拡大を図る。