トヨタ?マークX《撮影 内田俊一》

トヨタ『マークX』がマイナーチェンジした。その目的のひとつに、ボディ剛性を上げることによる、乗り心地や操縦安定性の向上があった。

「結局ショックや音に関しては、ボディが弱いことが一番嫌いなものなので、足をうまく使うことと、ボディ剛性を上げて強くしました」とはトヨタ自動車第1車両実験部第1操安・制動実験室主幹の本多一弘さんの弁。ただし、ボディ剛性といってもがちがちに固めればいいわけではないともいう。

「F1カーのようにモノコックのフレームをカチッと決めて、全く動かなくしてしまうのが本当に良いのかというと、それは走りの面では良いかもしれないのですが、全体的な上質な乗り心地や、質感を上げようとするとやはり、いなしも必要となるのです」と述べ、全体ではなく、主に、FRであることからリア周りと、操縦性向上のため、ステアリング周りの剛性向上を図ったという。

また、トヨタ自動車製品企画本部ZSチーフエンジニアの友原孝之さんは、「初代マークXの開発の際、『マークII』はちょっとふわふわし、柔らかいがしっかり決まらなくて、乗り心地が良いとはいいにくかったのです。そこで、ユーザー層も変えたいということもあり、かなりスポーティ路線に振りました」。しかし、「ちょっと振りすぎたところがありましたので、2代目マークXでは、そこのところはぜひ直したい。また、操舵フィーリングに関しても直したいと考えました」。その結果、「(2代目は)かなりのところまで出来ましたが、その時に持っている我々のメニューの中に不足していたものがあったので、一生懸命に今回やりました。初志貫徹というか、最初に狙ったところをぜひマイナーチェンジで実現させたかったのです」と今回の思いを語った。

マイナーチェンジしたトヨタ?マークX《撮影 太宰吉崇》 マイナーチェンジしたトヨタ?マークX《撮影 太宰吉崇》 マイナーチェンジしたトヨタ?マークX《撮影 太宰吉崇》 マイナーチェンジしたトヨタ?マークX《撮影 太宰吉崇》 マイナーチェンジしたトヨタ?マークX《撮影 太宰吉崇》