スプレンドーレ榛名開催《撮影 内田俊一》

9月16日、榛名湖駐車場(群馬県高崎市)をベースとして『スプレンドーレ榛名(旧クラシックラリーミーティング)』が開催された。主催はおもちゃと人形自動車博物館。

今年で10回目を迎えるスプレンドーレ榛名へ参加できる車両は、1989年までに生産された国産、外国車である。そのため、クラシックカーといえども、比較的新しい車両も参加できることがこのイベントの大きな特徴といえるだろう。今回も、200台近い参加車の中には、ユーノス『ロードスター』や、ホンダ『シティターボII』などちょっと懐かしくなるような国産モデルも多くエントリーされている。

午前9時に受付が開始されると、続々と参加車は集まり始め、あっという間に会場を埋め尽くした。受付終了後、10時半から一部の参加車は約50kmのラリーに出発。スタート直後に20mを10秒、続けて30mを10秒で走るタイム競技にチャレンジ。これは、ナビゲーターが時間を読み上げ、そのタイミングで計測ラインを通過するものである。しかし、会場内での計測のためギャラリーが多く、その緊張感からか、ナビとうまくタイミングが合わずに、お互い爆笑しながら次の目的地に向かう微笑ましい光景が何台も見られた。

前述のモデルのように、国産車が多く参加しているのもこのイベントの特徴だ。日本のクラシックカーといえば筆頭にその名前が上げられるであろうトヨタ『2000GT』やホンダ『S800』などはもちろんのこと、スバル『360』や日野『コンテッサ』、トヨタ『86』の先祖ともいえるトヨタ『スプリンタートレノ(TE27)』の姿もあった。

次回のスプレンドーレは10月7日に開催される『スプレンドーレ福島』である。

オースチン・ヒーレー100/4BN2《撮影 内田俊一》 アウディ・スポーツクワトロ《撮影 内田俊一》 シティ・ターボII《撮影 内田俊一》 日野・コンテッサ《撮影 内田俊一》 トヨタ・スプリンタートレノ(TE27)《撮影 内田俊一》 トヨタ・2000GT《撮影 内田俊一》 スバル・360《撮影 内田俊一》 トライアンフ・TR6《撮影 内田俊一》 MG・TF《撮影 内田俊一》 ユーノス・ロードスター《撮影 内田俊一》 スプレンドーレ榛名開催《撮影 内田俊一》