自動車タイヤ国産第一号

住友ゴム工業は、1913年に生産した「自動車タイヤ国産第一号」の歴史的価値が高く評価され、国立科学博物館から「重要科学技術史資料」(未来技術遺産)に登録されたと発表した。

国立科学博物館では「科学技術の発達史上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ科学技術史資料」と「国民生活、経済、社会、文化の在り方に顕著な影響を与えた科学技術史資料」の保存と活用を図っている。

科学技術を担ってきた先人たちの経験を次世代に継承していくことを目的に、重要科学技術史資料の登録制度を2008年度から実施しており、これまでに92件の資料が登録されている。今回新たに同社を含む21件の資料が登録された。

1913年に住友ゴム工業の前身であるダンロップ護謨(極東)は神戸で自動車タイヤの生産を開始した。このころ、自動車用のタイヤは日産25〜26本で、手作り的色彩の強いものだった。製法は「ファブリックタイヤ」、または「キャンバスタイヤ」と称してゴム引きした布を重ね合わせるやり方で、今回国産第一号の自動車タイヤとして貴重であるとの理由から未来技術遺産に登録された。

登録証授与式の様子(左は近藤信司国立科学博物館館)